道央・道北圏で法要会場をお探しの方に。

道央・道北圏で法要会場をお探しの方に。

法要当日のスケジュール

HOME > わかりやすい法要マニュアル > 法要当日のスケジュール

法要当日のスケジュール

準備は早めに終え、当日は心に余裕を持って僧侶や列席者を迎えるようにしましょう。
ここでは、一般的な法要当日の流れを追ってみます。

1.香料・供物の受付 接待係は出席名簿の確認とともに香料・供物などを受け付け、法要係は読経が始まる前にそれらを祭壇に供えておきます。
2.僧侶・遺族・列席者の着席 開始時間が近づいたら接待で出した茶器などを片付け、仏壇に向かって座ってもらいます。故人と関係の深い人や、目上の人から順に上座に座っていきます。
3.法要開始の挨拶 法要の開始にあたって、施主から列席者一同に向かって挨拶を行い、僧侶に一礼し「よろしくお願いいたします」と追悼供養の開始を伝えます。法要係は灯明を灯し、線香をあげます。
4.僧侶による読経 読経の際は私語を慎み、できるだけ正座は崩さずに聞きます。お経を読める人は僧侶に合わせて唱和し、読めない人も、供養の心を持ってお経に耳を傾けましょう。
5.焼香 読経の最中、僧侶から合図があったらまず、施主が焼香します。次に故人から血縁関係の濃い順、または席順にて焼香していきます。
6.僧侶による法話 法話は、多忙な日々のなかでつい見失いがちなことや、人間としてどう生きるのかなど、心に響く言葉が盛り込まれています。人間の死生観などについて考えるよい機会になるでしょう。
7.施主挨拶 施主は僧侶や列席してくれた人へのお礼と、故人の思い出や近況を含めて今後の抱負などを述べ、会食の旨を告げます。
8.来賓挨拶 故人と生前親交の深かった人に依頼して、様々な思い出を話してもらい故人を偲びます。来賓挨拶は場合によっては省略されることもあります。
9.献杯 列席者の代表の音頭で全員が盃を捧げます。献杯とは、通夜や法要などの仏事でお酒を献じて杯を上げることを言います。献杯の際、一般的には杯に口を付けたあと祭壇に向かって一礼します。
10.会食 献杯が終わると主催者側から列席者に食事(お斎)をふるまいます。最近では形式にとらわれず、故人の在りし日を語らう和やかな歓談の場とすることが多いようです。
11.引き物の配付 施主は列席者一人ひとりにお礼を述べ、世帯主には引き物を渡します。また、供物のおさがり(※供えたあとで取り下げたもののことを言う)をおすそ分けとして配ります。

会食の席での司会者文例

法要当日、進行役として司会者を頼む場合は、故人と親交が深かった人にお願いします。会場によっては司会者を用意してくれるので相談してみるのもよいでしょう。

式次第
  • 開会の辞

    司会者:
    「皆様たいへんお待たせいたしました。これより故・法要太郎の一周忌法要の会食に入らせていただきます。会食に先立ちまして、施主より一言ご挨拶をさせていただきます。」

  • 施主挨拶

    司会者:「続きまして、ご来賓の皆様を代表して法要議会議員 法要次郎様よりご挨拶を頂戴いたします。」

  • 来賓挨拶

    司会者:「ここで故人に対し献杯を上げていただきとう存じます。ご発声を法要大学法事学部名誉教授であります法要三郎様、よろしくお願いいたします。」

  • 献杯
    会食
    施主お礼の挨拶

    司会者:「皆様、本日の一周忌法要、そろそろお時間もせまってまいりました。お話しも尽きないと思いますが、施主よりお礼の挨拶をさせていただきます。」

施主の挨拶例<一周忌法要>

法要の際の、施主挨拶の文例です。挨拶は苦手という人が多いようですが、あまり気を張らずに素直な気持ちを表現しましょう。集まってくれた人々の、故人を偲ぶ思いは皆同じです。

 本日は亡き父、法要太郎の一周忌の法要に、皆様方ご多忙中のところお越しくださいまして、誠にありがとうございます。

 早いもので、父が亡くなって一年が経つわけでございますが、この間、私どものために何かとお情け深いお力づけやご指導を 頂戴致しましたことを、厚くお礼申し上げます。

 私たちにとっては、もう一年が経ったのかと、月日の経過の早さに驚く日々ではございましたが、父のいない生活にも慣れ、リズムも取り戻しつつある昨今です。これも皆様のご厚情のおかげと家族で話し合うこの頃であります。

 本日は生前の父が何かとお世話になりながら、充分なお報いもできなかった皆様に、思い出話など語り合っていただきたく、ご案内を申し上げました。粗酒、粗肴ではありますが、お時間の許す限りお過ごしいただきますようお願い申し上げます。

 本日は誠にありがとうございました。

  • 挨拶のワンポイントアドバイス

    施主の挨拶は故人や集まってくれた人に、遺族のその後を報告するようなかたちで進めましょう。