道央・道北圏で法要会場をお探しの方に。

道央・道北圏で法要会場をお探しの方に。

一周忌法要後のスケジュール

HOME > わかりやすい法要マニュアル > 一周忌法要後のスケジュール

一周忌法要後のスケジュール

三回忌以降の法要は遺族など内輪で行われます。
最近は十三回忌までの法要を正式に行い、三十三回忌を弔い上げとするのが一般的なようです。

命日から
2年目
三回忌 一周忌の翌年、つまり故人の2回目の命日(25カ月目)に営まれるのが三回忌で、これから3年目を迎えるという意味で三回忌と言います。一般的に三回忌の法要は、四十九日・一周忌と同様に比較的盛大に行うことが多いようです。
6年目 七回忌 命日から数えて満6年目の法要を七回忌、以後同様に十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌と続きます。遺族などごく内輪で法要を営むことが多いです。
12年目 十三回忌
16年目 十七回忌
22年目 二十ニ回忌
26年目 二十七回忌
32年目 三十三回忌 30年経つと故人を直接知っている人が少なくなるという理由などから、三十三回忌で年忌供養を区切りとする(弔い上げ)のが一般的です。しかし、最近では三十三回忌の法要を営むこと自体が減ってきているようです。
49年目 五十回忌 故人を知る人も少なくなってくるため、五十回忌以降は先祖代々として合わせて祀られるようです。その後は50年ごとに法要を営むのが仏教上のしきたりとなっています。
99年目 百回忌

施主の挨拶例<一周忌法要>

下記は亡父の三回忌法要の場合の挨拶文例です。実際に行う法要の状況に合わせて挨拶文の内容を考えてみてください。

 本日は、亡き父、法要三郎の三回忌法要を無事つとめさせていただきました。ただ今は、ご住職様にご丁寧なおつとめ、法話を賜り、誠にありがとうございました。また、皆様にはご案内を差し上げたところ、ご多忙中にもかかわらずこのようにお参りいただき、厚くお礼申し上げます。

父が亡くなりまして丸二年を迎えましたが、皆様方のお力添えにより、私ども家族も毎日元気に過ごしております。亡き父もきっと安心して私たちを見守ってくれていることと思います。おかげさまで、父の三回忌法要をつとめさせていただくことができ、家族一同喜んでおります。

今後とも、今までどおりのご指導、お力添えをいただけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。心ばかりのお斉をご用意いたしましたので、時間の許す限り、故人を偲びながらゆっくりお召し上がりください。